ハロウィン 衣装

ハロウィン 衣装

ハロウィン 衣装

このページは「日本でのハロウィンとは 」の情報コンテンツです。
ハロウィン 衣装 > 日本でのハロウィンとは

豆知識

ハロウィンに似た日本の風習

日本のイベントにも実はハロウィンに似ているものがありますので、ご紹介します。地域は変わってもその風習に大きな違いはありません。

お盆

ハロウィンは、ケルト民族では10月31日に祖先の霊や悪霊が家々に訪れるとされたのが起源となっていますが、日本でも同じような風習があります。それがお盆です。お盆は旧暦の7月15日、今では8月15日に行われます。ハロウィンと同じく祖先の霊をむかえて供養するための行事ですね。

ハロウィンではジャック・オー・ランタンというカボチャのランタンをかけて、霊を迎えたり、悪霊を追い払ったりするわけですが、お盆では迎え火や送り火がこれに当たるでしょう。家の門の前で迎え火をたいて先祖が迷わないようにします。キュウリやナスに楊枝をさして馬と牛にみたてて先祖の霊を迎えます。これを精霊馬(しょうりょううま)と呼びます。

キュウリは馬、ナスは牛に見立てて、先祖が訪れるときは馬に、帰るときは牛に乗ると言われます。送り火では京都の五山送り火が有名ですね。山に「大文字」を火で書くアレです。ハロウィンだけでなく、このような日本の風習も大事にしたいですね。

亥の子

亥の子(いのこ)は、旧暦10月(亥の月)の亥の日に行われるお祭りです。主に西日本で見られる行事のようです。亥の子石と呼ばれる丸い石に複数の縄をつなぎます。その縄を子供たちが持って、地域の各家庭を回ります。

各家庭の庭で歌を歌いながら子供たちは亥の子石を上下させて、地面に何度も打ち付けます。その時に大きな穴のあいた家は一年間繁盛すると言われます。もともと亥(いのしし)は多産であることから、子だくさんを祈ったり、商売繁盛、農産物の収穫を祝ったりする行事です。

子供たちが訪れた家庭では、亥の子餅やお菓子を用意して、子供たちにお礼として渡します。この行為など、ハロウィンで子供たちが「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と叫びながら、各家庭を回って、お菓子をもらう行為と似ていませんか。西洋と東洋という文化が全く違う地域で、似たような行事が行われているのはとても不思議です。人間の信仰心は人種や国、宗教など関係なく同じであると言うことでしょうか。

ハロウィン 衣装 激安通販
ExecutionTime: 108 msec / Memory: 7.8 MB