ハロウィン 衣装

ハロウィン 衣装

ハロウィン 衣装

このページは「写真の撮り方のコツ 」の情報コンテンツです。
ハロウィン 衣装 > 写真の撮り方のコツ

豆知識

絵画のように美術館に飾れる写真を撮ろう!写真の撮り方のコツ

ハロウィンの主役は子供たちです。ハロウィンのようなイベントは思い出をつくる絶好のチャンスです。そんなお子さんの晴れ舞台をかわいく撮ってあげましょう。

同じ目線で撮る

大人はつい自分の目線でカメラを向けてしまいます。高いところから子供たちを見下ろして写真を撮りがちです。目線の低い子供たちは大人たちが見ている世界とは違う世界が見えています。子供たちと同じ目線でカメラを向けてみましょう。子供たちの生き生きとした表情、躍動感あふれる写真が撮れると思います。

カメラを意識させない

ピースしている写真、カメラに向かってにっこり笑っている写真、それらもとてもいい写真ですが、いろんな表情を撮るには、子供たちがカメラを意識してないときにシャッターを押すことです。何かに夢中になっているとき、こちらの存在を忘れた頃に撮るといい表情を捉えることができるでしょう。カメラを意識してない表情はとても自然でおもしろい写真が撮れると思います。

カメラの撮影モードを理解して撮る

カメラの撮影モードには、オートモードだけでなく、Sモード(シャッター優先オート)、Aモード(絞り優先オート)、Mモード(マニュアル露出)などがあります。写真の明るさはシャッタースピードと絞り値で決まるわけですが、Sモードでは人間がシャッタースピードを決め、絞り値をコンピューターが決めます。Aモードは逆で人間が絞り値を決めます。Mモードはどちらも人間が決めます。

シャッタースピードを早くするとぶれません。遅くするとぶれますが、少し躍動感のある写真になります。絞りを開くとピントの幅が薄くなり、背景をぼかすことができます。絞ると後ろもまでピントがあった写真になります。これらの特徴を理解して撮影するといい写真が撮れるでしょう。子供たちは動き回りますから、シャッタースピードには特に注意しましょう。

アップばかり撮らない

かわいいお子さんを撮りたいわけですから、どうしてもアップが多くなってしまいます。その気持ちはよくわかりますが、そこをぐっと抑えて、引いた写真もたくさん撮ってあげましょう。おそらくこの写真をなつかしい思い出としてお子さんが見るのは大人になってからです。自分のアップの写真ばかり見て、おもしろいでしょうか。

引いた写真なら、このときは○○ちゃんと一緒だった、ここには大きな木があった、この先生は優しかった、など周りの様子が分かる写真になりますので、大人になったときには、本当になつかしく感じるのです。「いい写真」はきっとアップの写真でしょう。でもそれが思い出になる写真とは限らないのです。

ハロウィン 衣装 激安通販
ExecutionTime: 83 msec / Memory: 7.8 MB